台北に暮らす非リア充の戯言

台北に割と長い間暮らす日本人。中国語はちょっと話せるレベル。香港に恋い焦がれ、広東語学習中。

香港に恋い焦がれるきょうこの頃

f:id:KennethQi:20190414122937j:image

タイトルの通り、ここ数年、香港に恋い焦がれ、年に3〜4回訪港を繰り返しています。基本的には金曜日と月曜日に有休を取って、3泊4日の小旅行をするのですが、たまに日本や東南アジアに行く際も、わざわざ香港でトランジットをして、往路か復路に香港で1泊するということをやっています。台北から日本へ行く際にもわざわざ香港を経由するという行為に台湾の友人はおろか、香港の友人にも白眼を剥かれる始末なのですが、楽しくて仕方ありません。

【香港は「今」が楽しい】

なぜ僕が香港に強い興味を持つのか。もともと中国語を学び始めるきっかけが、香港を中心に活動していた中国人歌手、フェイ・ウォンだったことは以前お話ししているのですが、最近の香港ブームの理由はちょっと違います。じゃあなんなのかというと、最近、香港人の香港に対する思いが以前とは変わり、郷土愛が深まっているような印象を受けるからです。

具体的な時期でいうと、台湾の誠品書店が銅羅湾に進出(2012年)したり、雨傘革命が起きた(2014年)ころ。ちょうど中国からの観光客により、香港の小売店などでは紙おむつや粉ミルクが買い占められて品薄となり、社会問題になっていた時期と重なります。個人的な感覚なのですが、返還前には50年間変わることがないと言っていた一国二制度がじわりじわりと中国に有利な方向へ動き出す一方で、香港の人々が「香港らしさ」を打ち出して、中国や台湾とは違う香港アイデンティティを創り出そうとする雰囲気が感じられるようになりました。

僕が初めて訪港したのは中国返還から9年が経過した2006年なのですが、その時に見た、香港に暮らす人や社会が中国返還という時代の流れに必死でついていこうとする姿と明確に違っているのです。

【 台湾をお手本に躍進する「香港らしさ」】

実は、このような変化は香港よりも前に、台湾で見ていた記憶があります。蒋経国総統の時代まで中国との関係は「不接觸、不談判、不妥協」(接触せず、交渉せず、妥協せず)」「三不政策」を貫いていました。ただ、李登輝政権時代になると民主化と経済発展を受け、中国の存在を見過ごすわけにもいかず、少しずつ交流が始まります。陳水扁政権下の2001年には小三通が、馬英九政権下の2008年には両岸直行便の就航がそれぞれ実現するなどして中国とのつながりが強まるのですが、それに対抗する形で強まってきたのが「台湾らしさ」を追求する社会の動きです。

僕が初めて台湾にきた2005年ごろというと、この「台湾らしさ」は「時代遅れ」「ダサい」「誇れるものではない」などという認識を持たれていることがまだ若干多かった気がします。僕の同世代の友人でも台湾語をあえて話したがらない人が少なからずいました。ただ、統一のためには何をしでかすかわからない中国の脅威が迫る中、最近では逆にこの「台湾らしさ」が強まる一方で、かつ台湾アイデンティティの構築の上で大きな役割を果たしているようです。

閩南人と客家人、外省人などからなる漢民族のほか、原住民に新住民など多様なエスニックグループが共存する台湾ですが、現在の若者は、その共存した状態がごく自然な環境下で育った人々で、それこそ「天然独」と呼ばれる人々です。「台湾らしさ」に親しみを持つのは至極当然の流れかもしれません。

そして、中華民国政府は文化部が中心となって2002年から台湾らしさを前面に出した文化創意産業の発展に力を入れだしているわけですが、個人的な感覚としてはそれが目に見えて成果を見せだしたのが2010年以降。まさに、今の学生たちが物心をついた時期と一致します。日本で販売されている台湾のガイドブックを見ても、最近はこの「台湾らしさ」が台湾自体の魅力になり、多くの人を惹きつけています。

このような台湾が経験した変化が現在進行形で起こっているのが、香港ではないでしょうか。空港や観光名所のお土産屋さんには、従来のポストカードや妙なキーホルダー、置物のほかに、明らかに台湾に触発されたような文創グッズが並ぶようになりました。セントラルには香港の中華テイストグッズを扱う雑貨店が増えたほか、PMQや大館のように古跡をリノベーションした商業施設もオープン。自分たちの歴史や文化を見直して大切にしようとするこの感じ、台湾の変化ととてもよく似ているように感じられます。

中国返還から20年。港珠澳大橋と高鐵が相次いで開通し、マカオと珠江デルタ地帯をまとめた「大湾区」の地域発展計画の推進で中国に飲み込まれてしまう寸前ではありますが、ようやく台湾の動きに知恵を借りながら、自分たちは誰か、自分たちの文化は何かというような「香港らしさ」を考えるようになり、模索するようになってきたように見えるのです。そんな香港が愛らしくてたまりません。

 

僕よりも少し年上のお兄様やお姉様方の時代になると、中華文化や中華社会の中心的存在だった返還前の香港をご存知で、返還後の香港は「変わってしまった」とおっしゃる方もいらっしゃると思いますが、世代的にジャッキー・チェンやブルース・リーの映画を見たことがなく、四大天王の歌は聴いたことがなく、空港も赤鱲角しか使ったことがなく、返還前を知らない僕には、台湾との比較の上で、とても魅力的に感じます。

最近は広東語の勉強を始めたり、香港に関連する本も少しずつ読み始めました。何度も行っている割に、実は知らないことがとても多く、もっともっと勉強しなければならないと思うと同時に、台湾との密接なつながりも深く感じるようになりました。今では台湾社会全体が香港に対してほとんど関心を示していないのですが、香港の視点で台湾を見ると、また新たな発見が出てくるのではないかと思っています。

今後香港がどのような道を歩むのか、皆目見当もつかないわけですが、僕はこの変化のさらなる発展が楽しみです。そして、クッキーくらいしか思いつかない香港のお土産の選択肢が増えたらいいなと期待しています。